明洋の仕事がよく分かる。電柱の建設工事の流れを紹介します。

建柱工事の流れ建柱工事の流れ

電柱を建柱する所要時間は、立地や地盤の違いにもよりますが、概ね半日ほどです。
交通事情や歩行者の皆さまへ細心の配慮をして工事を行ないますので、一般の方は建柱工事についてあまり印象がないと思います。
そこで、このページでは、写真で建柱工事のステップをご紹介させていただきます。
社会見学気分で、私たちの仕事を覗いてみてください。

建柱工事専用車両

「穴掘建柱車」(ポールセッター)

建柱工事に欠かせない工事車両が「穴掘建柱車」(ポールセッター)です。電柱を吊り上げ、移動させるクレーン機能と、掘削するためのアース・オーガー(大きなドリル)を装備しています。

建柱工事の流れ

ステップ1

全長12mの電柱を「穴掘建柱車」のクレーンで吊りトラックに積み込みます。

ステップ2

建柱位置を掘削するために
まずは削岩機で舗装を破砕します。

ステップ3

掘削には穴掘り建柱車の「アース・オーガー」を使用します。
掘削車はしっかりと安定させ、慎重に掘削します。

ベテラン重機オペレーターは
自分の手のように掘削車を動かせます。

さらに掘り進めます。ドリル部分に乗った土を払いながらの効率的な作業です。
重機オペレーターとの連係プレーです。

掘り進めるごとに慎重さが増してきます。
電柱の全長の6分の1(今回は2m)に穴の深さを合わせるようにアースオーガーで掘削します。


埋設物などの可能性がある場合、スコップなどで慎重に手掘りを行う場合もあります。

ステップ4

穴掘建柱車のクレーンで電柱吊るし上げます。
途中で舗装を傷つけないために、電柱専用の台車を取り付けます。

重量物ですので慎重に作業を行います。

掘削した穴に電柱をしっかりと差し込みます。

ステップ5

電柱を建てたら垂直や位置などを入念にチェックし、埋め戻しを行います。

ステップ6

電柱の転倒や沈下、傾斜を防ぐため、電柱や支線の地中部分に取り付ける支持材「根枷ブロック」を設置します。電柱の高さや土地の性質により、根枷ブロックの形状や深さに規定があります。

ステップ7

掘削した土や砕石で上部まで埋め戻しを行い、しっかりと締固めます。

ステップ8

建柱後は周囲を清掃して完了です。
この日はスムーズに工事が完了しました。
緊張が続くので、清掃時はスタッフに笑みがこぼれます。

お問い合わせ電話088-842-8000
メールはこちら
お問い合わせ電話:088-842-8000
メールはこちら

ページ上部へ